For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
カナダのインターネットプロバイダーが値上げ

カナダのインターネットプロバイダーが値上げ


TORONTO ― COVID-19の危機によってもたらされた職場の混乱、世帯の混乱、そして広範な失業の中で、消費者がインターネットの価格上昇に直面するのは最悪の時期ではありませんでした。

しかし、一部のカナダのインターネットサービスプロバイダーとその全国的な業界団体は、ケーブル会社と電話会社との未解決の戦いのため、現時点で不本意ながら価格を引き上げるか、以前に発表された価格引き下げを取り消すことに決めたと言います。

「特に、世界的なパンデミックの真っ只中にある大きな問題です」と、カナダのネットワークオペレーター協会の会長であるマットスタイン氏は言います。これは、レンタルケーブルを通じて顧客にアクセスする31の独立したISP(卸売業者と呼ばれることもあります)を代表しています。と電話回線。

視聴:在宅勤務中にインターネット速度を向上させる方法。ストーリーは以下に続きます。

最も顕著な例はTekSavvyで、先週、各インターネットプランの価格を月額5ドル引き上げると発表しました。これは、高額プランの6%から低額プランの20%への増加を表しています。予定。

カナダ全土に顧客を抱える同社はまた、レイオフを発表しました-主にオンタリオ州チャタムの本社で。

TekSavvyは、その立場はカナダの主要な電気通信プロバイダーによって圧倒的に拒否されていますが、その最大の問題は、一部のISPレートを約80%削減する2019年8月の規制決定にもかかわらず支払われ続ける高い卸売インターネット料金であると主張しています。

「私たちがこの立場にいる唯一の理由は、現職者が当面の間それらのレートを上訴し(料金引き下げ)、裁判所が(凍結)したためです」規制およびキャリアを担当するTekSavvy副社長であるAndy Kaplan-Myrthは言います問題。

30万人の顧客を抱えるTekSavvyは、2019年8月にCRTCが注文したより低い料金が公正であり、確立された規制慣行に準拠しているとCNOCを通じて個別に主張するカナダの中規模および小規模のインターネットサービスプロバイダーの最大規模です。

小規模なISPに卸売りインターネットサービスを提供するほとんどすべての電話会社とケーブル会社はこれに同意せず、カナダのテレビ放送通信委員会が欠陥のある分析を使用した結果、卸売り料金を自分のコスト以下に設定したと主張しています。

Bell、Rogers、Telus、Eastlink、Videotron、SaskTel、Shawなどのより小規模な地域のキャリアを含む既存企業は、複数の訴えを起こしています。その結果、連邦控訴裁判所は、少なくとも問題が解決されるまで、インターネット卸売価格を2016年の高い水準に凍結しました。

私たちのビジネスには多くのコストを追加する必要があります。そのすべては、大規模な既存の電話会社やケーブル会社のポケットの裏打ちに直接費やされます。Distributel、CEO、Matt Stein

TekSavvyとCNOCは、独立系ISPは強力なケースを抱えており、最終的にはCRTCから注文された卸売り価格を引き下げると信じているが、予期せぬCOVID-19パンデミックの到来により、危機を乗り切るのに不備が生じていると述べています。

CNOCメンバーのDistributelの最高経営責任者であるStein氏は、小売加入者率を引き上げるのは悪い時期ですが、自宅で仕事をする人が増え、エンターテインメントコンテンツの消費が増えるにつれ、最近の使用量の急増を経験しているため、避けられないかもしれません。

彼は、卸売サービスを取得するための費用は、典型的なISPのコストの80〜90%を占めると言います。

「私たちはビジネスに多額のコストを追加する必要があります。そのすべては、大規模な既存の電話会社やケーブル会社のポケットを裏打ちすることに直接費やされます」とスタインは言います。

オタワ地域で非営利のインターネットサービスプロバイダーを運営しているシェリーロビンソン氏は、訴えの解決には時間がかかることを知っていたため、彼女のグループは昨年、料金を引き下げるリスクを負うことができなかったと述べています。

「それで、私たちは価格がしっかりと決まって、できるだけ早く決定が私たちに有利になることを望んでいました。そして今、それがどのくらいの期間になるかを知っている」と、ベルカナダに卸売りのインターネットサービスに支払うNational Capital FreenetのエグゼクティブディレクターであるRobinsonは言う。

NCF(顧客ではなくメンバーがいる)は、先月初めに4月1日に小売価格を引き上げる必要があることを知らせました。

「私たちはロックダウンの前、COVIDが現在の状態になる前の3月4日にそれを発表しました。それは世界に存在していましたが、それがどうなるか私たちは知りませんでした」とロビンソンは言います。

NCFの卸売りインターネットのコストは、メンバーが仕事や学校のために家にいるようになったため、ここ数週間で前例のないレベルに急上昇しました。

COVID-19は追加コストを意味します

さらに、他のビジネスと同様に、NCFには、従業員とメンバーの健康を保護しながら運用を維持するために必要な追加のCOVID関連費用のセットがあります。

独立系ISPの中で最も率直かつ政治的に活動しているTekSavvyは、2019年8月の決定後に別のアプローチをとり、卸売価格の低下を見込み、マーケティング活動を強化し、小売顧客の料金を引き下げました。

現在、月額5ドルの値上げとレイオフを発表していますが、Kaplan-Myrthは、危機が収まるまで、自社の10人の卸売業者のほとんどに自主的に料金を引き下げてから2016年の料金を再開するまで、決定が下されたと述べました上訴は終了した。

「そして、彼らはそれをしませんでした。 (それは)最終的に、顧客の価格を引き上げる必要が生じた行き止まりの1つでした。」

Top Android
Android