For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
カナダのダイヤモンドプリンセスクルーズシップランドからの避難者と検疫に向かう

カナダのダイヤモンドプリンセスクルーズシップランドからの避難者と検疫に向かう


オタワ—日本でコロナウイルスに襲われたクルーズ船のキャビンに閉じ込められた数週間を過ごした129人のカナダ人とその家族を乗せた飛行機が金曜日の朝、カナダの土に着陸しました。

元ダイアモンドプリンセスの乗客は、オンタリオ州コーンウォールにあるNavセンターでさらに2週間の隔離を受ける予定で、コロナウイルス(COVID-19)の兆候がないか監視されます。

彼らは全員、2月上旬から日本の横浜にドッキングされた船を出る前に、日本の役人によってウイルスの検査を受けました。これまでのところ、ウイルスの症状を示しているものはありません。

カナダは、ダイアモンドプリンセスで2週間の隔離を経た後、潜伏期間の終わりにまだ新しい症例が船上で発生しているため、乗客を再検疫することを選択しました、 Theresa Tam金曜日。

「私たちは十分な注意を払ってこれを行っています」と彼女は言いました。

この船は、ウイルスが発生した中国以外で最大のCOVID-19が発生した場所でした。ダイヤモンドプリンセスは、その国以外で確認された症例の半分以上を有していました。

カナダの乗客、ロリータ・ウィズナーは、日本で飛行機に乗り込んでいる医療従事者の白いつなぎ服にカナダの旗を見たとき、彼女の目をよく感じることに驚いたと言いました。

「例外なく、誰もが私たちに会ったときに「家に帰る」と言った」と、ウィズナーはカナダに戻ったときに言った。 「カナダ人であることは素晴らしいことです!」

カナダ赤十字は、トイレタリーを含むケアパッケージをすでに用意していることをすでに確認しています。

別の乗客である、オンタリオ州カランダーのトゥルーディクレメントは、もう被害者のようには感じないと言いました。

「長い帰り道でしたが、私たちはカナダに戻りました。それが主なことです」とクレメントは言いました。

「着陸したときに拍手しました。少し涙が出ました。」

もともと船に乗っていたカナダ人は約250人で、そのうち47人が病気になり、帰国が許可されませんでした。横浜近郊の日本にある数十の病院に入院しているとフランソワ・フィリップ・シャンパーニュ外務大臣は述べ、彼らは「テーラード」領事サービスを受けている間、治療のために日本に留まるだろう。

カナダ政府は、これらの人々が特別な食事のニーズを満たし、家族とコミュニケーションを取り、通訳サービスを受けることができるようにしていると述べました。

病気にかかっている愛する人など、遅れをとることを選択した他の人は、商業便でカナダに戻るときに強制検疫の対象となります。

帰還が許可された人々は、東部時間午前2時にカナダ軍基地トレントンに上陸し、そこでバスでコーンウォールに連れて行かれる前に症状を検査しました。隔離から解放されるまで、Nav Centerの部屋に制限されます。

「帰国したカナダ人は、過去数週間にわたってストレスの多い経験をしてきました。カナダでの検疫期間中、私たちは彼らの精神的および肉体的幸福の両方を支援します」とパティ・ハイドゥ保健大臣は金曜日に書面で発表しました。

ダイヤモンドプリンセスの避難者は、発生の中心である中国の武漢から送還されたカナダ人と同じスクリーニングを受けます。数百人が金曜日に釈放されました。

CFBトレントンで検疫を離れた213人の避難者は、2月7日に武漢から最初に到着しました。

政府当局者は、基地にいる避難者の誰も滞在中にウイルスの症状を示していないと言い、タムは彼らとの接触を維持するために公衆衛生の必要はないと述べた。

「彼らはカナダ人に健康上のリスクをもたらさない」と検疫から解放された人々はストレスの多い時間を過ごし、彼らが彼らの生活に戻ったときにプライバシーに値することを補強した。

ハイドゥは、政府がすべての避難者の旅行計画を支援し、彼らをトロントに輸送する予定であるが、全員がオンタリオ州から帰宅することを期待されると言います。

Canadian Pressによるこのレポートは、2020年2月21日に初めて発行されました。

バンクーバーのヒナアラムからのファイル

Top Android
Android