For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
コロナウイルス事件が日本で検疫下のクルーズ船に登る

コロナウイルス事件が日本で検疫下のクルーズ船に登る


東京—日本の保健省は水曜日、日本の港で隔離されたクルーズ船で39の新しいウイルスの症例が確認されたと述べた。

更新により、 コロナウイルス ダイヤモンドプリンセスで174に見つかったケース。

同省はまた、2月3日に東京近郊の横浜港に船が戻った夜、最初の検疫検査に参加した職員でウイルスが確認されたと述べた。検疫官は病院で治療を受けている。

新しい症例により、日本の合計203人が新しい病気にかかり、 COVID-19

月曜日に、少なくとも 乗船中の8人のカナダ人 新規コロナウイルスの検査で陽性を示したクルーズ船。

船の到着の夜、日本の保健当局は、1人の前の乗客がウイルスに陽性であると試験した後、船の3,700人以上の乗客と乗組員全員の医療検査を開始しました。

米国が運営するダイアモンドプリンセスは14日間のツアーを完了し、その間に香港やその他のアジアの港に立ち寄ってから日本に戻りました。香港で下船した80歳の男性は、ウイルスに陽性であると検査し、香港に船と日本の当局に通知するよう促し、検疫と検査を命じました。

ウイルスに対する懸念は、他の航海を変更し、キャンセルしました。 2,257人の乗客と乗組員を乗せたウェスターダムのクルーズ船は、現在タイ湾にあり、日本、台湾、フィリピン、タイへの入国を拒否された後、ドッキングする場所はありません。確認されたウイルスの症例はありませんが、香港ではウイルスの潜伏期間内である2週間前に停止しました。

COVID-19は、12月に中国で出現したコロナウイルスによって引き起こされます。

HuffPost Canadaのファイルを使用

あなたのコメントを残してください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top Android
Android