For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
ビショップは議会への行進を導く

ビショップは議会への行進を導く


ローガンマクメナミー英国国教会司教が率いる約50人の人々が、水曜日にキリストの大聖堂から議会まで歩いて行きました。

他の聖職者を含む歩行者は、途中で横断歩道や歩道にこだわった。

記事は以下に続く

「私たちは、立法府にいて、現在行っている先住民族の若者を称えます」と、マクメナミは言いました。

彼は、抗議者が不在でも水曜日の散歩は続いたと述べた。「少なくとも私たちの声は聞こえ続け、彼らが行ったことを積み重ねているからだ」

マックメナミーは、一部の人々は火曜日に議会で問題を起こしたかもしれないが、抗議のメッセージは失われてはならないと述べた。

「私たちは、私たちが代表するものを常に代表しているわけではない少数の個人によって、教会として私たちがタールされたくないのと同じように、少数の個人で起こったことでそれらをタールしたくありません。」

マックメナミーは、ビクトリア警察が火曜日の状況への対応に対して功績があると述べた。

「彼らは非常に困難な状況に本当にうまく対処できたと思います。」

彼は議会への道は真実を伝え、癒し、和解する道の「神聖な旅の継続」であり、州政府にパイプライン問題に関与するすべての首長と座ることを求めたと述べた。

彼は、RCMPをウェットスウェートエリアから削除する必要があると付け加えました。

McMenamieは過去に和解を支援する努力をしてきました。2016年にはアラートベイからビクトリアまでの480キロメートルの散歩で、先住民族のリーダーに伝統的な土地での生活と仕事を続ける許可を求めました。

議会に着いたら、メンバーは祈りと朗読の短いセッションを開きました。

jwbell@timescolonist.com

関連トピックを読む

。(tagsToTranslate)local(t)British Columbia

Top Android
Android