For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
株式市場は、コロナウイルスへの恐怖が根付くにつれて、5兆米ドルが一掃されました

株式市場は、コロナウイルスへの恐怖が根付くにつれて、5兆米ドルが一掃されました


ロンドン(ロイター)-金曜日にコロナウイルスのパニックにより再び世界シェア市場が横ばいになり、2008年の世界的な金融危機以来最悪のクラッシュを引き起こし、1週間の価値を5兆米ドルに押し上げました。

欧州の主要市場が3%から5%に下落し、世界の最も安全な資産と思われる米国国債の利回りが過去最高を記録したため、敗走は減速の兆しを見せませんでした。

中国で始まった流行は数ヶ月で終わり、国際的なケースの数が急増したため、経済活動はすぐに通常に戻ることを望んでいます。

連邦準備制度理事会は来月すぐに米国の金利を引き下げ、他の主要な中央銀行はトラブルを通じて経済を試み、世界経済の不況を食い止めようとします。

「投資家は最悪のシナリオで価格を設定しようとしています。最大のリスクは、米国およびアジア以外の主要国で現在起こっていることです」と、SEI Investments Asian Equitiesの責任者、ジョン・ラウは述べました。

「これらは非常に不確実な時代であり、誰も答えを本当に知りませんし、市場は本当にパニックに陥っています。」

国際旅行とサプライチェーンの混乱、学校の閉鎖、主要なイベントのキャンセルはすべて、すでに米中貿易戦争の影響に苦しんでいた世界経済の見通しを黒くしています。

ほぼ50か国を追跡するMSCIの全世界のインデックスは、米国の取引を1%以上上回り、今週はほぼ10%下落しました。これは2008年10月以来の最悪の事態です。

ウォール街の株式は木曜日だけで4.4%下落し、2011年8月以来の最大の下落となりました。先物は1%の緩やかな下落を示しましたが、S&P 500はわずか9日前に最高値を記録して以来12%を失いました。いわゆる修正地域で。

ヨーロッパの航空会社と旅行会社は、2001年の米国の9/11攻撃以来最悪の週に18%急落しました。

パンデミック警告

アジアでは、日本を除くMSCIの地域別指数は2.6%減少しました。日本の日経は、コロナウイルスが原因で7月から8月に予定されているオリンピックが中止される可能性があるという懸念が高まり、3.7%下落しました。

「コロナウイルスは今やパンデミックのようです。三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ投資ストラテジスト、藤戸典弘氏は、次のように述べています。

「しかし、現時点では、これがどれくらい続くか、どれほど深刻になるかは誰にもわかりません。」

Tedros Adhanom Ghebreyesusの世界保健機関長は、この流行がドイツやフランスなどの主要先進国に広がったため、このウイルスがパンデミックになる可能性があると述べました。

これらは非常に不確実な時代であり、誰も答えを本当に知りませんし、市場は本当にパニックに陥っています。ジョン・ラウ、SEIインベストメンツ

アフリカ最大の経済国であるナイジェリアをはじめ、過去24時間で約10か国が最初のウイルス感染を報告しています。

石油価格は1年以上で最低値を記録し、今週は2016年以来最悪の12%下落しましたが、主要な工業用金属はすべて3%から6%下落しました。

保証された収入の魅力は、高級債券を再結集しました。米国の利回りは、価格に反比例して動きますが、ヨーロッパの熱狂的な取引で記録的な1.1550%の記録的な10年債利回りに急落しました。最後は1.1847パーセントでした。

これは、3か月の法案利回り1.43%を大きく下回り、いわゆる利回り曲線の反転を深めています。歴史的に、逆イールドカーブは、米国景気後退の最も信頼できる先行指標の1つです。

(東京の佐野英之による追加報告、キルステン・ドノヴァンによる編集)

Top Android
Android