For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
            誰かがトロントのTTC地下鉄に乗るのがどんな感じかについて歌を書いた

            誰かがトロントのTTC地下鉄に乗るのがどんな感じかについて歌を書いた


Donna O'Reganが2016年にアイルランドからトロントに初めて移動し、入社したとき 地元のウクレレクラブ、彼女はグループのためにオリジナルの曲を書くことを任されました。

そして、トロントに住んでいるすべての人ではないにしても、ほとんどの人に関係のある何かを書く努力の中で、オレガンはTTCについての歌を書くことを選びました。

「私たちはオリジナルの曲を書くことを任されていました。カナダの新しい友人が関係できる何かについて書きたかったのです」と彼女は言いました。

「この素晴らしい都市を故郷と呼ぶ何百万人ものトロント住民にとって、それは非常に関係があると思います。」

O'Reganの歌、タイトル 地下鉄の悪い日は、トロントの地下鉄に乗るという試練と苦難に対する陽気な歌です。

キャッチーな曲は、壊れたエスカレーター、ティムホートンズカップを握る人々、ロボットのように携帯電話を見つめている人々、壊れたACなどに言及しています。

「まあ、地下鉄の悪い日です。席に着きませんでした。代わりに通路に立って、足を安定させようとしています」とコーラスがうなります。

「しかし、その殺人的な目を持つ男は私とアイコンタクトを取り続けています。だから私は点滅する地図を見つめてレスリーに行くように祈っています。」

O'Reganは、彼女が最初に彼女のグループの歌を演奏して以来、非常に肯定的な反応を受け取ったと言い、数人が彼女に連絡して、それを録音するように言った。

「TTCのドライバーに、共通の友人から、録音するようにと言われたときに連絡してもらいました」と彼女は言いました。

彼女は、それをライブで演奏するようになったと付け加えました。 トロントセンター島でのケルト音楽祭 昨年9月。

しかし、歌の否定できない関係にもかかわらず、O'ReganはTTCで楽しそうに突くつもりであり、彼女は実際に都市の地下鉄システムに問題がないと言った。

「正直なところ、トロントの地下鉄は私が住んでいた他の都市と比べて喜びです」と彼女は言いました。 「それはきれいで、人々は非常に敬意を払っています。この歌は頬にちょっとした言葉であり、怒らせることを意図していません!」

オレガンは4年前にトロントに移り、わずか12か月間滞在するつもりでした。

現在、彼女は永住者であり、「トロントを故郷と呼ぶことを非常に誇りに思っています」と言います。

「トロントは素晴らしいものがたくさんあると思います。この街は美しく、湖の近くにいるのが大好きです」と彼女は言いました。

「私は本当に様々な周辺地域、アートシーン、音楽、建築に感謝しています。何よりも、人々。私は5か国に住んでいて、自分の種類の人々をここで見つけました。」

。(tagsToTranslate)song(t)subway(t)ttc(t)bad(t)day(t)toronto

あなたのコメントを残してください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top Android
Android