For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
2人の友人が再びマラソンを実行して、がん患者を支援するチャリティーを支援します

2人の友人が再びマラソンを実行して、がん患者を支援するチャリティーを支援します


友人のグレース・ロアとリーゼ・ベルベは、3度目のマラソンを一緒に終えました。

彼らの土曜日のエルク湖とビーバー湖の周りの走りは、癌を持つ人々を助けるバンクーバーのカラニッシュ協会を支援するために、MoveBecauseYouCanと呼ばれる募金キャンペーンの一部でした。

記事は以下に続く

首都圏やその他の地域からの約300人のランナーとサイクリストに支えられて、土曜日の夕方までに238,000ドル強が集められ、資金は引き続き入ってきました。他の人々は、エドモントン、カルガリー、ユーコン、英国などの場所に参加していました。

ベルベにはステージ4のがんがあり、ビクトリアビーコンヒルMLAロアの息子である4歳のアッシャーには脳腫瘍があります。

ベルベとロアは、キャンペーンに参加した他の人たちに大喜びしています。

土曜日の朝、ペアは2 kmの走行で始まり、湖のトレイルで4周をカバーして合計42.2kmになりました。

ロアは、「リセと一緒に走るのに4時間とたくさんの時間を持っていることは、そのような贈り物です。」と言いました。

長い目で見れば、一方がフラグを立てていることに気付いたときはいつでも、もう一方は彼らを応援するのに役立ちます。

今回は「終わりに向かってかなり気分が良かった」とロアは語った。しかし、ベルベはそれがより困難であると感じ、「それは非常に困難でした。それはかなりのプッシュでした。 …その最後のラップは最も大変でした。」

3週間前、2人は36 kmのトレーニングランを実行し、ロアは「本当に苦労しました」と言いました。その時、ロアを励ましたのはベルベでした。

挑戦にもかかわらず、「それはただ素晴らしかった…それは素晴らしい日だった」とベルベは言った。

二人は昨年の5月とクリスマスの日にマラソンを走りました。

次は何ですか?もちろんランニング。

「一度に最大20キロ走ることに戻ると思います」とロアは語った。 「私たちは走り続けます。疑いの余地はありません。 …それは私たちをあらゆる方法で健康に保ちます。」

cjwilson@timescolonist.com

>オンライン:callanish.org

関連トピックを読む

。(tagsToTranslate)local

Top Android
Android