For a better experience please change your browser to CHROME, FIREFOX, OPERA or Internet Explorer.
CRDは先住民の声を取り入れる計画を推し進めています

CRDは先住民の声を取り入れる計画を推し進めています


首都地域地区は、その常任委員会、委員会、およびその他の理事会が任命する機関に選出された先住民代表を含める計画を​​進めています。

水曜日にFirst Nations Relations Committeeに出席したCRDのディレクターは、スタッフがそのような動きの意味を調査し、必要な付属定款改正の起草を開始することを全会一致で推奨した。

記事は以下に続く

関連する動きで、委員会は、委員会と委員会に参加しているファーストネーションズの代表者に対する給与規定を含めるために、スタッフが地区の報酬および旅費の方針を改訂することを全会一致で推奨しました。

完全なCRD理事会はまだ勧告を承認していませんが、エスクイマルト市長のバーブ・デジャルダン氏は、「今こそ」地区が意思決定表にファースト・ネーションズを含めるようになったと言いました。

「これについては多くの基礎がありました-しばしば非常にイライラすることがあります-ある程度までしか前進できなかったからです」と彼女は言いました。

「だから、私たちが今いる場所にいて、これについて前進していることを嬉しく思います。」

ビクトリア郡。ベン・イシットは同意しました。

「それは地方政府の遅すぎる進化だと思う」と彼は言った。 「先住民族の代表が提供されていなかったのは、CRDが作成された過去の見落としだったと思う」

スタッフの報告書によれば、CRD理事会に先住民族を含めることはより複雑であり、州の法律の改正が必要であると述べています。現在のところ、法律は、ファーストネーションズが署名された現代条約なしに地域地区委員会で投票することを禁止しています。

しかし、規則はCRDが委員会と委員会の投票メンバーとしてFirst Nationsの代表者を任命することを許可していると報告書は述べた。

このような変更は、地区の現在または将来のプロジェクトに影響を与える可能性があるとスタッフは述べた。

「しかし、理事会が採択した和解のマンデートでは、CRDプロジェクトと計画に先住民族の視点を含めることを検討する必要があり、委員会と委員会により多く含めることで、より協力的で効果的なプロセスをサポートできます。」

ファーストネーションズ委員会の議長を務めるスーク市長のMaja Taitは、CRD理事会全体がイニシアチブを支持することを望んでいると述べました。

「私たちは、Nationコミュニティに影響を与える非常に多くの意思決定を行っていますが、これが彼らのコミュニティにどのような影響を与えるかは聞いていません」と彼女は言いました。

「だから私たちが実際に土地のスチュワードと話をして、意思決定表で決定に彼らの知恵を受け取るとき、私は、ちょうど将来のために、それはより前向きな結果につながると思います。」

lkines@timescolonist.com

関連トピックを読む

。(tagsToTranslate)local(t)British Columbia

Top Android
Android